navi カメラと写真とMacと、時々web TOP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キヤノンPowerShot G1X Mark II 発表

G1X Mk2



PowerShot G1 X Mark IIが発表になりましたね。

2/12にキヤノン(CANON iMAGE GATEWAY)からお知らせメールが届き、
キヤノンのオフィシャルサイトにもニュースリリースが掲載された。
翌日から開催の「CP+2014」で展示され、3月中旬発売予定だそうだ。

主なスペック・仕様は次の通り。
画素数 1500万画素(総画素)
レンズ焦点距離 24mm~120mm F値 F2~F3.9
光学ズーム 5 倍
シャッタースピード 1~1/4000 秒
撮影感度 通常:ISO100~12800
最短撮影距離 5cm(標準) 5cm(マクロ)
液晶モニター 3インチ 104万ドット ファインダー 無し
電池タイプ 専用電池 専用電池型番 NB-12L
撮影枚数 240 枚
幅x高さx奥行き 116.3x74x66.2 mm 重量 516 g

ニュースリリースによると特徴は次の通り。
キヤノンの最新技術を結集した旗艦モデル“PowerShot G1 X Mark II”

F2.0-F3.9と広角端から望遠端まで明るい光学5倍のズームレンズや、大型の1.5型CMOSセンサー※1、高性能映像エンジンDIGIC 6を搭載するなど、キヤノンの最新技術を結集した旗艦モデルです。レンズ鏡筒部に各種の設定と繊細なピント調整などが可能なデュアルコントロールリングを新規採用し、ユーザビリティーを格段に向上させています。また、視野率約100%の電子ビューファインダー(別売)や豊富なEOSアクセサリーの装着ができ、拡張性にも優れています。

※1 総画素数:約1,500万画素、有効画素数:約1,280万画素(3:2)/約1,310万画素(4:3)。



光学ファインダーやグリップ上部のダイヤルが廃止され、
レンズ、画像処理エンジンが刷新された。

個人的には、目玉は「新レンズ」だと思う(シャレじゃないよ)。

センサーサイズは、1.5型のままですが、
実歳に使われるのはそれより少し狭い範囲。
2:3か3:4にトリミングした部分だけのようですね。
「デュアルベースマルチアスペクト」と呼んでいるようですが。
角の部分は使われないんですね。

センサーサイズはm4/3とほとんど変わらなくなりました。
実質的なイメージサークルを少し小さくしたおかげで、
より明るく、より高倍率で、より寄れるレンズを設計できたということでしょうか。
リアフォーカスからインナーフォーカス方式に変わったのも理由のひとつのようです。

24mm-120mm相当 F2-F3.9 マクロ5cm テレ端でも40cmというレンズは魅力的です。
初代G1Xはここがネックでしたからね。
ちなみに初代は28mm-112mm相当 F2.8-F5.8 マクロ20cm テレ端85cm。

個人的なことですが、ワタクシ、G1XにするかG15にするか悩んで
(当時この2機種の実売価格の差はあまりなかった)G15にしました。
やはりこのレンズのスペックでは、、、、。

さて、この新レンズと同じスペックをミラーレス機でやろうとしたらサイズも価格も
おそらくG1X Mk2より大きく高くなるでしょうね。

24-80相当のM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROがあの大きさで、
レンズ単体の価格とG1X Mk2の価格がほぼ同じ。
これだけでも、当初価格8万、いずれ6万円切り ? の価値はあると思いますけど。
レンズ性能がほぼ同じだとしたら、、、ですけど。

最近になって、m4/3用の沈胴式標準ズームのかなり薄いモデルも出てきましたが、
28-84mm相当 F3.5-5.6ですからね。
G1X Mk2も新レンズのせいで、かなり厚くなりましたが、レンズ付きミラーレス機よりは薄い。

で、厚くなったレンズ部分に「デュアルコントロールリング」なるモノがついて
これがすこぶるいいみたいである。
2つあるうちの片方がMFリングとなり、切り替えなしで、「フルタイムマニュアルフォーカス」ができる。
MFピーキングもできる。EOS Mよりずっといい(笑)。

ファインダーについて。
Gシリーズ伝統の光学ファインダーが無くなって、
別売の電子ビューファインダーが同時発表された。

キヤノンのEVFはどんな出来なのか少し興味はあるがたぶん私は買わないであろう(^_-)。
以前の私はファインダー必要派でしたが、考えを改めました(笑)。
光学ファインダーも、外付けEVFも、内蔵EVFもいらない。
まともなものを作ろうとしたらそれなりのサイズと価格になるでしょう。
特に後付け(外付け)の出っ張りは意外とジャマです。
だったら、いらないから、より小型・低価格で、と考えるようになりました。
明るいところでも見やすい低反射・輝度自動調整液晶を作って欲しい。
三点保持は諦めました(笑)。顔をくっつけなくても撮れるのは利点でもありますから。

余談だが、今回の「フルタイムマニュアルフォーカス」などなどEOS Mにも継承して欲しい(笑)。
「一つ一つのフレームサイズも小さくなったため、より小さい被写体もピント抜けしにくくなりました。」って、
EOS Mの時にやって欲しかった(笑)。
G15はかなり操作性もよく気に入っているのだが、それと同等以上の操作性なら「買い」だなあ。
こればかりは数回、実際に撮影で使ってみないとわからないが、、、。
前回のセンサーサイズの違いによる画質のテストの結論に反するようだが(笑)、
やはり大きいセンサーサイズにはそれなりのメリットがある。
(前回記事には続きがある)

価格がこなれてくれば、ミラーレスキラーになるかもしれない(←勝手な予想 笑)。
ただ、型落ちのミラーレス機はかなり安いからなあ(笑)。

レンズ一体型の「コンデジ」にはコンデジのメリットがある。
なんといってもレンズ一体設計なので小型化かつ、高性能レンズを(レンズ交換式に比べたら)低コストでできる。
ボデイ自体も小さい上に、もともと付いているレンズでかなりのことができる。
24mm-120mm相当 F2-F3.9 マクロ5cm テレ端でも40cm、しかもプログレッシブファインズーム機能付きならかなりの被写体をカバーできるだろう。
レンズ交換式カメラであれも撮りたい、これも撮れないだろうか、となると交換レンズなどが必要になって来る。
この点で、レンズ一体型なら、運用の面でも、費用の面でも有利である。

どうもキヤノンは「カメラ女子」好みのデザインが不得意なのか、
もう少しかわいいデザインやカラバリがあれば、女性にも売れただろうに(笑)。
まあ、質実剛健な点はキライではない。
懐古趣味的クラッシックデザインでやたら高い機種より健全だとは思う(笑)。

・画像はお借りしています。

[参考]
CANON EOS 7D vs 70D レビュー
Canon PowerShot G15 レビュー
CANON EOS M レビュー
センサーサイズの違いによる画質の違いテスト1
センサーサイズの違いによる画質の違いテスト2

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ にほんブログ村 ←応援クリックしていただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : レビュー カメラ Canon PowerShot G1X コンデジ

新着情報(更新記録)
このサイト内のご案内(カテゴリ)
Mac
web
SEO
人気記事
検索フォーム
ユーザータグ

レビュー カメラ Canon EOS ミラーレス Wi-Fi M コンデジ PowerShot Apple FlashAir Eye-Fi 画質 Mac 検索結果 ブログ 改造 70D G7X SEO google EF/EF-S/EF-M センサーサイズ テスト 一眼レフ 更新 MacBook ドメイン タイトル 広告 G15 スティーブ・ジョブズ iMac アメーバ webデザイン OI.Share ダイナミックレンジ ノイズ ボケ G1X jpeg コピー TAMURON 7D ファイル形式 劣化 PEN ソフトフォーカスレンズ X2 マクロ Mavericks 10.9 レンズ フード HOLGA ホルガ トイレンズ 加工 OSX 

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。