navi カメラと写真とMacと、時々web TOP > カテゴリー [SEO ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルの力

「ドメインの力」を書いてからずいぶん経ちました。
ほったらかしでしたね(笑)。

さて、皆様すでにご存知の通り、
「タイトルの力」もバカになりません。

SEOの教科書的に本には、必ず、
タイトルに重要キーワードを入れろ、
特に重要なキーワードは先頭に置け、と
書かれています。

するとどういうことが起こるか。
例えば「××について考える」みたいなタイトルの
サイト(ブログ)があったとする。

タイトルはそうなっていても、
書かれている記事は、××とはほとんど関係ない
日記みたいなブログだったとする。

この××がそれほどビッグキーワードではなく、
それ以外の点で多少なりともSEO対策がされていれば
(サテライトサイトとリンクを張り合う、など)
この中身のないサイトがけっこう上位に来る事もある。

検索する側から言うと、こういう事例は、
もうがっかり以外の何者でもない。
SEO対策って、やっぱり結局のところ、
検索エンジンを欺く行為だなと、しみじみ思ってしまう(笑)。

まあ、こういうサイトを作っている側は、
検索エンジンからのアクセス数は増えても、
アクセスして来たユーザーをがっかりさせているわけだから
逆効果ではある。
自戒しなければ(笑)。

ということで、本日のお話の結論。
恐るべし「タイトルの力」。
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

tag : 検索結果 SEO タイトル

ドメインの力

ブログのドメイン、サブドメインとディレクトリーどちらがSEOに有利 ?
2,3年以上前に書かれた入門書やサイト記事は、ほとんど
「サブドメインが有利」と書いていたはずです。

サブドメインて、例えばFC2のように、
http://userid.blogXX.fc2.com/みたいに
ルートドメインfc2.comの前にラベルを付けたカタチのドメイン。

ディレクトリー型は、アメーバのように、
http://ameblo.jp/userid/というカタチで、
ルートドメインhttp://ameblo.jp/の中の(サブ)ディレクトリーとして扱われるもの。

でも最近はどうなんでしょう ?
何かを検索した時に、やたらアメブロが上位に来ている気がするのは、
単に気のせい ?
(前回に引き続き、アメブロがらみの話題でスミマセン)

これってドメインの力を引き継いでいるってことじゃないですかね。
ルートドメインameblo.jpが、SEO的に力が強ければ、
そのドメイン下にあるサブディレクトリーや各ページも、
検索エンジンからは、高く評価される。
・・・・という事ではないかと私は思っています。

今やアクティブユーザー数ダントツ一位のアメブロ。
日々新たに書かれるページ数は何ページあるのだろう。
googleさんは新しモノ好きだから、
毎日大量にページが追加されているドメインを高く評価しているかもしれない。
しかも、互いに内部リンクを張り合うわけだから、
検索エンジンからの評価は高いはず。

ルートドメインが高く評価されれば、その内部のサブディレクトリーも
高く評価される。。。という仕組みだと思う。
まあ、将来の事はわからないが、現時点では。

ちなみに、アメーバも、2008年1月に
「検索エンジンからの流入によるアクセス数増加」などのために
URLをサブディレクトー型からサブドメイン型に変更しようとしたが、
結局はあきらめたようですね。
ユーザーの反対があったからかもしれませんが、
SEO上サブドメインにする必要度はあまり高くない、
と判断したからかもしれません(ここのところは全くの独断と偏見に基づく推測です)。

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

tag : SEO ドメイン ブログ

ブログってどうなの

前回は、Googleさんは新しモノ好きなんて事を書きましたが、
そうだとすると、更新頻度の高いサイトほど、
新しい情報が多いわけですから、上位に来やすいという事になりますね。

ブログは、元々自動で内部リンクが作られる事などから、
SEOに強い、なんていわれていますけど、
更新頻度が高いという意味でもSEOに強いのかもしれません。

もっとも、このサイトのように月1回の更新がやっと、なんてサイトは、
決して上位に来る事はありませんが(笑)

でも、ブログってどうなんでしょう?
玉石混交というか、
あるテーマについてけっこうまじめに書いているサイトもあれば、
そうでもないブログもあるわけで、、、、。

記憶が定かではありませんが、
確か数年前は、検索結果から「ブログを除く」という
検索オプションがあったような。

確かに、どうでもいいブログが検索結果の上位に来た事もあり、
けっこうイライラした時期がありました。

あれから少し検索精度が上がったのか、
イライラする事は少なくなりましたが、
それでもたまにどうでもいいブログが上位に来たりする事も
まだたまにありますね。

頑張って下さいね、googleさん。


team ZERO ONE

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

tag : google 検索結果 ブログ

Googleは新しモノ好き

Googleさんは新しモノ好きですね。

Yahooがgoogleエンジンを採用する以前、
googleは、クロールやインデックスが早いけど、
Yahooは待てど暮らせどやってこない、なんて言われていました。

そのgoogleさん、「早い」事にさらに磨きがかかって、
ちょっとしたブログ記事(記事A)が、
検索キーワードにもよりますが、
翌日には、検索結果ページの1ページ目に出たりします。

私は経験的にそう思っていますが、
そんな経験ないですか?

新しモノ好きという事は、
また次の日には、そのワードに関連する別のサイトやページが上位に出て、
記事Aは、だんだん古くなるとともに順位が下がっていきます。

記事単体ではなくサイト全体で言うと、
更新頻度の高いサイトほど、
新しい情報が多いわけですから、
上位に来やすいと言えますね。

team ZERO ONE

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

tag : google 検索結果 更新

ブログとホームページ

ブログとホームページの一番の違いはなんでしよう?

デザインですかね?
たしかに、何となくホームページっぽいデザインとブログっぽいデザインてありますよね。
でも、ホームページっぽいデザインのブログも、
ブログっぽいデザインのホームページも、作ろうと思えば作れなくはないですね。
サイドバーにいろんなパーツがゴジャゴジャあるとブログっぽい。

コメント欄があるとブログ?
でもコメント欄を閉じる事もできますね。

一番大きい違いは、
作られた記事(ページ)の扱いではないでしょうか。
ブログの場合は、作成された日付順に整理されていきます。
カテゴリー(テーマ)別に分類する事もできますが、
同じカテゴリー内では、やはり日付順に並びます。

一方ホームページは、階層別に並びます。
結果として、ホームページは、見せたい(見たい)ページへ簡単に行く事ができます。
ナビゲーションがある程度ちゃんとしていれば、の話ですが。

ブログの場合、かなり古い記事を読んでもらいたい(読みたい)場合は、
少し工夫がいりますね。
全ページからそのページにリンクをはるとか、
サイドバーに、特に読んでもらいたい記事へのリンクをはるとか
目次ページを作るとか、、、、
何か工夫しないと、特に古い記事にたどり着くのは困難です。

ブログの場合、記事を書くたびに自動的に、
カテゴリー別やら月別に相互にリンクを作ってくれるのは便利ではありますが。

・「ホームページ」は本来、ウェブブラウザ(インターネットエクスプローラーとかサファリとかグーグルクロームとか)を起動した時に自動的に最初に表示されるページの事。
そこから転じて、あるウェブサイトのトップページの事をホームページと呼ぶ事もあります。
ここでは、ブログではない、ウェブサイトの事をさしています。


team ZERO ONE
新着情報(更新記録)
このサイト内のご案内(カテゴリ)
Mac
web
SEO
人気記事
検索フォーム
ユーザータグ

レビュー カメラ Canon EOS ミラーレス Wi-Fi M コンデジ PowerShot Apple FlashAir Eye-Fi 画質 Mac 検索結果 ブログ 改造 70D G7X SEO google EF/EF-S/EF-M センサーサイズ テスト 一眼レフ 更新 MacBook ドメイン タイトル 広告 G15 スティーブ・ジョブズ iMac アメーバ webデザイン OI.Share ダイナミックレンジ ノイズ ボケ G1X jpeg コピー TAMURON 7D ファイル形式 劣化 PEN ソフトフォーカスレンズ X2 マクロ Mavericks 10.9 レンズ フード HOLGA ホルガ トイレンズ 加工 OSX 

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。