navi カメラと写真とMacと、時々web TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> カメラ機材レビュー > CANON EOS M レビュー1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANON EOS M レビュー1

EOS M


CANON EOS Mのレビューその1です。

発売当初は「AFが遅い」と、さんざんオタクな方達に酷評されたEOS Mだが、
値段が安くなったのと(笑)、AFも早くなったらしいので買ってみた。

で、結論を先に言うとそんなにダメダメではない。
AFは、それほど遅いわけではないが、
(ファームウエアの改善以前の事は触っていないのでわからない)
実際に使ってみると、別のところに問題点がある。
その問題点はEOS M特有の問題というより、
ミラーレス機、タッチパネル機共通の問題かもしれない。

さて、まずはAFの件。
もちろん早いわけではないが、劇的に遅いわけでもない。
EOSの名前がついているので一眼レフEOS並みを期待しているのだろうか。
まあ、それは無理でしょ(笑)。

動く被写体にピントを合わせるのは、ミラーレス機と一眼レフでは、
基本的な能力に差がありすぎる、少なくとも現時点では。
運動会で自分の子どものアップを撮りたいとか、
走り回る愛犬を撮りたいとかなら、ハナから一眼レフにした方がいいと思う。

一眼レフもエントリー機なら、サイズも価格も、
かなりミラーレスに近づいて来た。
このわずかな差を我慢できるならミラーレスを選択する理由はなくなる。

そもそもミラーレスの背面液晶では、
動く被写体をフレーミングする事すらむつかしい。
もちろん、ミラーレス機 + EVFならまだマシだが、
EVFはまだまだ発展途上だと思うし、EVFを付ける事で大きくなるなら、
やっぱり、回り道をせずハナから、一眼レフにした方がいいと思う。

一眼レフには一眼レフの、ミラーレスにはミラーレスの生きる道がある。。。はず。
(それにしても「一眼」という名称は誤解しやすい困った分類ではある)
ミラーレス機は短いフランジバックを活かした小型軽量機でなくっちゃ。
ミラーボックスがないんだからね。ペンタダハプリズム(ペンタミラー)もないんだから。
小型軽量なのに、画質は一眼レフ並み。。。がミラーレスの生きる道だとしたら
EOS Mは、悪いカメラではない。
まあ、動体撮影では一眼レフには勝てないけどね。

最初からEVF付きであれ、後付け(外付け)EVFであれ、
一眼レフでもないのにもっこり盛り上がっているデザインは、私は好きではない。
ただ、背面液晶は日中野外ではかなり使いにくいので、この点の劇的改良か、
でなければ、デザイン的にすっきりした、しかも高性能のEVF(LVF)の開発が
ミラーレスの未来には必要だとも思う。
各社、がんばっていただきたい。

あまりデザイン的に大きくならずに使いやすいファインダと
もうひとつは、AF性能が向上したら、
ミラーレスは一眼レフに近づくのかもしれない。
像面位相差AFとか、いろいろ新しい技術も開発されているようだが
もう少し時間が必要かもしれない。

EOS Mのレビューからだいぶ話はそれて、個人的な好みの話になったが(><;)
実際に使ってみてのレビューは次回に。
使ってみての問題点と感じた点もその時に。




にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ ←応援クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : カメラ レビュー Canon EOS M ミラーレス

コメントの投稿

非公開コメント

新着情報(更新記録)
このサイト内のご案内(カテゴリ)
Mac
web
SEO
人気記事
検索フォーム
ユーザータグ

レビュー カメラ Canon EOS ミラーレス Wi-Fi M コンデジ PowerShot Apple FlashAir Eye-Fi 画質 Mac 検索結果 ブログ 改造 70D G7X SEO google EF/EF-S/EF-M センサーサイズ テスト 一眼レフ 更新 MacBook ドメイン タイトル 広告 G15 スティーブ・ジョブズ iMac アメーバ webデザイン OI.Share ダイナミックレンジ ノイズ ボケ G1X jpeg コピー TAMURON 7D ファイル形式 劣化 PEN ソフトフォーカスレンズ X2 マクロ Mavericks 10.9 レンズ フード HOLGA ホルガ トイレンズ 加工 OSX 

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。