navi カメラと写真とMacと、時々web TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> カメラ機材レビュー > FlashAirとEye-Fiの特徴-Wi-Fiカード3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FlashAirとEye-Fiの特徴-Wi-Fiカード3

Eye-Fiカード


前回までFlasfAirについて書きましたが、
もうひとつ、Eye-Fiも有名です。

両者の違いについて。
FlashAirは、画像を張り込んだwebページを
ブラウザなりOI.Shareで見るイメージです。
スマホ側のアプリでFlashAir内の画像を見に行く。
その上で必要に応じて画像をダウンロードする。
カード側から自動転送する機能はありません。

一方、Eye-Fiは、「自動転送」が売り。
もともとの性格は、家庭内・企業内LANを使って
撮った画像をPCに取り込むのがメインのコンセプトでした。
この場合は、LANのアクセスポイント(無線ルータ)がないと使えません。
もちろんその電波の届く範囲、基本的には室内でしか使えません。

このような使い方なら、有線(USBコード)のほうが
高速かつ安定ですね。
なので、何らかの理由で有線が使えない(使いたくない)場合しか
あまりメリットはありません。

が、ユーザーは、そのような使い方ではなく、
外出先でデジカメ→スマホ間の転送に使っているようです。
無線ルータの電波が届かない場合、
カード自体がアクセスポイントになってスマホなりPCに接続する
という(最初は副次的に)備わっていた機能を利用して。

どちらの使い方をするかで設定方法が少し異なります。
設定方法によっては、
デジカメ→スマホ→サーバー(クラウド)→PCと旅をさせて
PCに画像を保存することもできます。
この間2-3分で、しかも全自動ですので、
バックアップ目的にも使えます。

ユーザーの使い方が変化したのにあわせて、
製品も少しずつ変化しています。

以前はX2シリーズにPRO、Mobileなどがありましたが、
現在は、X2シリーズはPROのみで、新しくMobiシリーズが加わりました。
Mobiシリーズは設定を簡単にして、デジカメ→スマホ間の転送のみに
機能を限定したシリーズです。(サーバーやPCに転送する機能はない)

Wi-Fiカード1 FlashAir
Wi-Fiカード2 FlashAirとOI.Share
Wi-Fiカード3 FlashAirとEye-Fi
Wi-Fiカード4 Eye-Fiカード
Wi-Fiカード5 Eye-Fi設定補足


にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ ←応援クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : レビュー カメラ Wi-Fi FlashAir Eye-Fi

コメントの投稿

非公開コメント

新着情報(更新記録)
このサイト内のご案内(カテゴリ)
Mac
web
SEO
人気記事
検索フォーム
ユーザータグ

レビュー カメラ Canon EOS ミラーレス Wi-Fi M コンデジ PowerShot Apple FlashAir Eye-Fi 画質 Mac 検索結果 ブログ 改造 70D G7X SEO google EF/EF-S/EF-M センサーサイズ テスト 一眼レフ 更新 MacBook ドメイン タイトル 広告 G15 スティーブ・ジョブズ iMac アメーバ webデザイン OI.Share ダイナミックレンジ ノイズ ボケ G1X jpeg コピー TAMURON 7D ファイル形式 劣化 PEN ソフトフォーカスレンズ X2 マクロ Mavericks 10.9 レンズ フード HOLGA ホルガ トイレンズ 加工 OSX 

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。